「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:夢のこころの森美術館( 1 )

夢一歩一歩

こころの森美術館について
d0005421_9164631.gif

私が “我がこころの五百羅漢を求めて”と題し、五百羅漢シリーズを制作し始めて19年、1997年の春に五百羅漢全作品を完成することができました。
 五百羅漢に込める思いは、仏教に伝わる羅漢像を写すことでなく、羅漢さんの姿を借りて、人生で誰もが出会ったり、見たり、聞いたり、感じたりする日常的な人間の喜怒哀楽のこころの表情を写すことにあります。
 『こころの森美術館=五百羅漢堂』は、その五百羅漢さん一堂に会する館を造りたいとの想いで、1993年(平成5年)1月にその発願し、21世紀初頭の落慶を夢見ています。
 『こころの森美術館=五百羅漢堂』は、NPO法人として運営される予定であり、決して幻一個人のための美術館ではなく、また、言うまでもなく宗教的な館でもありません。
 私の五百羅漢シリーズが木版画作品ということもあり、版画美術に焦点を当てた世界でも数少ない版画美術館にしたいと思っています。そこでは、多種多様な表現技法による版画作品を展示するとともに、例えば、世界各国の芸術家の登竜門となるような “丹後・世界版画ビエンナーレ”のような展覧会を企画運営し、版画を通して、世界に開かれた芸術の新しい発信地になることを願っています。

 また、版画は、複数制作が可能で、油絵や日本画、彫刻作品などと違い、軽量で世界中の作家との交流にも適しているといえます。ピカソやダリ、ミロ、ゴヤ、ミケランジェロなどきら星のごとく輝く世界的な芸術家の作品も、現代の世界的芸術家の素晴らしい作品も、版画作品ならこそ、世界各地の人々が、同時に鑑賞することが可能なのです。
                                        幻 一合掌

詳細は、幻 一後援会「こころの森」ネット
[PR]
by hajimerakan | 2005-05-11 09:17 | 夢のこころの森美術館