「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:「羅漢酒」画箋集( 2 )

羅漢酒 画箋集

「羅漢酒」

「幻 一の墨彩画手描きラベル。現在、発売以来、2500点突破!
ギネスに挑戦中!



羅漢酒は、”酒が飲めぬと会員になれぬ??”といわれている、幻 一後援会恒例の『羅漢まつり』の際、ある酒羅漢の「祭り用の酒がほしいなあ」の一声で造ることとなった。酒を造るとなると醸造元が必要だ。が、心配無用!ちゃんと会員の中にそれがあった。京都府北部・丹後半島の京丹後市弥栄町の竹野酒造だ。この蔵は、全国の酒通が知る人ぞ知る”弥栄鶴”の銘柄で有名な酒蔵だ。今年の全国の新酒の品評会で7位になった。

ご注文は、「竹野酒造」へ!

「禅のことば集」
d0005421_7441438.jpg


d0005421_7444016.jpg


d0005421_745057.jpg


d0005421_7451882.jpg


d0005421_7453471.jpg


d0005421_7455161.jpg


d0005421_7461312.jpg


d0005421_7463190.jpg


d0005421_7464862.jpg


d0005421_7471725.jpg


d0005421_7475769.jpg


d0005421_7502030.jpg


d0005421_7505344.jpg


d0005421_752649.jpg


d0005421_7522339.jpg


d0005421_7524632.jpg






「酒飲みのことわざ集」


d0005421_6392364.jpg


d0005421_6393331.jpg


d0005421_6394264.jpg


d0005421_6395198.jpg


d0005421_640139.jpg


d0005421_6401273.jpg


d0005421_6402323.jpg


d0005421_6403794.jpg


d0005421_6405240.jpg


d0005421_641187.jpg


d0005421_931131.jpg




d0005421_933044.jpg


d0005421_934970.jpg


d0005421_94714.jpg


d0005421_941521.jpg


d0005421_943812.jpg


d0005421_945840.jpg


d0005421_952194.jpg


d0005421_97225.jpg


d0005421_971673.jpg


d0005421_972812.jpg

[PR]
by hajimerakan | 2006-04-04 07:13 | 「羅漢酒」画箋集

幻 一の「羅漢酒」手描き画箋あれこれ

「羅漢酒」

この酒は、”酒が飲めぬと会員になれぬ??”といわれている、幻 一後援会恒例の『羅漢まつり』の際、ある酒羅漢の「まつり用の酒がほしいなぁ」の一声で造ることになった。
酒を造るとなると醸造元が必要だ。
が、心配無用!ちゃんと会員の中に、それがある。
京都府北部・丹後半島の京丹後市弥栄町の竹野酒造だ。
この蔵は、全国の酒通が知る人ぞ知る”弥栄鶴”の銘柄で有名な、酒蔵だ。
造るなら、最高の旨酒をと、杜氏の指導の下、田植えから稲刈りに始まり、酒米の米洗いまで、一所懸命?となり、大汗をかいた働いた。
そのかいあって、1998年初春、夢にまで見た特別大吟醸「羅漢酒」限定1500本の旨酒ができ上がった。
会員の情熱と汗の結晶である「羅漢酒」は、淡麗辛口で豊かな香りの立ち昇る、極上の逸品に仕上がり、酒を愛するものには、こたえららない旨酒となった。
杜氏も納得!「羅漢酒」は、全国六大杜氏組合のひとつである但馬杜氏組合の品評会で’98年、’99年と2年連続で優等賞を授与された。
旨いはずだ。
画箋(ラベル)は、ある会員の『ギネス・ブックに挑戦だ!』との声に乗せられ、一枚ずつ手描きではじめた。
楽しみでも苦しみでもあったが、1999年6月に約一年半かけ、1500枚全ての画箋を描き終えることができた。
「羅漢酒」は、旨酒に仕上がったここと、手描きの画箋が喜ばれ、全国の会員はじめ多くの方々には、贈り物としても注文をいただけた。
また、小売店の店頭に並ぶと、その日のうちに売切れたしまう、大評判の酒となった。
一枚一枚、違った内容で描いた画箋が間に合わず、大いに困ったこととなった。
ある人は、酒が呑めないにもかかわらず、その評判を聞きつけ、記念に買い求められることもあったらしい。
これぞ、嬉しい悲鳴だ。
2005年現在、「羅漢酒」は、全国で大好評!画箋は、今も、一枚一枚手描きだ。
いま何枚目になったか、私は知らない。
ただひたすら、描くのみ。
せっかくならと、この誌面で、いままで既に売れて人様の手にあるであろう「羅漢酒」画箋展。
ごらんいただき、楽しんでいただければ嬉しい。

「羅漢酒」の手描きのラベルは、世界で一つ!



禅問答集


「挨拶」

d0005421_1513114.jpg





「知足」

d0005421_1612725.jpg





「無事」

d0005421_16124499.jpg





「愛嬌相」

d0005421_16132366.jpg





「玄関」

d0005421_16145542.jpg





「投機」

d0005421_16153438.jpg





「一行三昧」

d0005421_16162983.jpg

[PR]
by hajimerakan | 2005-05-16 16:17 | 「羅漢酒」画箋集